インクジェット 


のぼり旗インクジェットは、印刷でなく染めによる方法が用いられているために、
付加価値の高いのぼりを作ることができるメリットがあります。

のぼり旗インクジェットは高発色の製品となるためにニーズも高く、
多くの業者が取扱を行っていますが、依頼ではポイントを抑えた上で
行う必要があります。

業者選びのポインンととしては、まず、価格があります。

のぼり旗インクジェットの価格は業者によっても異なっており、はっきりと明示が
なされているのか確認をする必要があります。

見積もり

見積りをとることも1つの方法となりますが、良心的な業者の場合には基準となる
値段を明示している所が多く、正式依頼前に概算予算を把握することができます。

次に希望通りの製品に対応してもらえるかがあります。
のぼり旗インクジェットでは、制作方法としては、自分でデザインを行う場合と、
業者に依頼をする2つの方法があります。

この場合、希望するデザインとなっていない場合や効果のある
デザインでない場合には集客に結び付けることはできなくなります。

そのために、しっかりと打合せに対応してくれる業者を選ぶ必要があります。

打ち合わせに対応

3つ目としては返品交換があります。

特にオーダー品の場合には注意が必要となり、通常、既製品とは異なり
返品できないことがほとんどとなります。

また、パソコンで確認をする場合にも色が違って見えることが多く、
どのような場合に返品が可能なのか確認をしておく必要があります。

業者によっては無償で再制作に応じてくれる所もあり、選択をする場合の
1つのポイントとなります。業者選びでは、納期の確認も忘れずに
行う必要があります。

注文してから何日でできるのか確認をする必要があり、制作期間がはっきりと
明記されている業者を選択することが大切になります。

はっきりした期日が提示されていない業者の場合には、例えば、
イベントなどの集客活動に間に合わず、業務に支障をきたすことになります。

 

中国の木版印刷から始まった世界の印刷の歴史

印刷は、粘土板の上を転がす事で文章印刻するナボニドゥスの円筒碑文が紀元前556年頃に製作されると共に、
アケメネス朝ペルシアのキュロス2世の功績が版図に広げられたとされるキュロス・シリンダーが紀元前539年頃に
製作されていますが、中国では紀元前220年には木版印刷が始まっていた証拠が発見されています。

現存する世界最古の印刷物は、第48代称徳天皇が弓削道鏡に現を抜かした事で発生した恵美押勝の乱の死者の鎮魂の為の
百万塔陀羅尼経とされ、「金剛般若経」が初めての印刷本として868年に制作されています。

1040年頃には、粘土に膠を混ぜて製作した膠泥活字による活版印刷が発明され、ヨーロッパでは1439年事までに
ヨハネス・グーテンベルクによって鉛と錫及びレアメタルのアンチモンを混合した活字合金とパンチ法と呼ばれる
鍛造技術を応用した活版印刷が発明されると共に、1455年に西洋初の聖書である「グーテンベルク聖書」が印刷されました。

日本では、蘭学者稲村三伯や宇田川玄随他によって蘭和辞典「ハルマ和解」が木版印刷され、1856年に長崎奉行所で
オランダから輸入された西洋式の活版印刷機が実用化されていま現在では、1951年に開発されたインクジェット印刷に
よるプリンターが一般家庭にも浸透しています。


のぼりで売上アップ 

インクジェットプリントで作る

売れる店舗づくり

店舗内で使う

のぼりの効果的な使い方とは

サイトマップページへ

のぼりの染色方法について

インクジェットの利点

メリット

のぼりを置くことによる効果

特徴をアピール

一押しメニュー

ウェブショップからの購入を考える