メリット


店舗を経営されている方は、お店の前に掲げているのぼり旗を意識した事が
あるでしょうか。

毎日雨や風、紫外線に当たるのぼり旗は経年劣化で傷んできます。

そのためオリジナルのぼり旗を作ることは、普通に販売されている一般的な
のぼり旗よりもコスト面がかかるため躊躇される方もいるでしょう。

しかしそれ以上にオリジナルのぼり旗にはメリットがある事は
お分かりでしょうか。

宣伝

通りを歩く人にとってのぼり旗は何気に目につくものです。

例えば飲食店でオリジナルのメニューや季節の料理がオリジナルのぼり旗に
書かれていた場合、のぼり旗を見た人は非常に興味を持ちます。

このまま集客へと繋がる事もありますし、たとえ店舗に足を運ばなくても
お店の宣伝効果として十分なメリットがあるのです。

メリット

時々見かける「sale」や「大売出し」ののぼり旗は一体何が安いのか、
何がお得なのか客には一切伝わってきません。

またそののぼり旗が経年劣化で傷んでいた場合 、お店のマイナスイメージにも
なりかねないでしょう。

多少コストが掛かってもオリジナルのぼり旗を作ることはそれ以上に
メリットがあるのです。

確かに一般的に販売されているのぼり旗よりもオリジナルのの ぼり旗を
作る方が多少費用はかかります。

しかし実際には生地やデザインインクの種類などによって 値段は様々です。

上手に組み合わせることによって丈夫で長持ちするのぼり旗が作成できますし、
コスト面でも安く抑える事は十分可能です。

オリジナルのぼり旗を作成するメリットは、店舗の宣伝や集客に多いに役立ちます。

大航海時代に生まれた株式会社|時代の変化とともに発展

連合東インド会社は、アジア地域における貿易の特選権を有する特許会社として出資を募る形で1600年にオランダで設立された
世界初の株式会社であり、オランダだけで無く後にスペインと海上の覇権を争う大英帝国と大英帝国と度々戦火を交えて来た
フランスに加え、北欧のスウェーデンやデンマークも同様に株式会社を設立しています。

この会社は、香辛料や紅茶などの交易で莫大な利益をもたらした事から1621年に西インド諸島の貿易を独占する目的で
オランダ西インド会社が設立されますが、貿易規模や収益高が低い事からフランスを経て1805年にスウェーデン西インド会社が
閉鎖されています。

日本では、バブル経済の語源となった南海泡沫事件で知られるスコットランド商人アーチボルド・ホープなどの出資者から
約650万ギルダーの資本金を集めて創立され、オランダのアムステルダムの本社に加えインドのジャワや日本の出島などに
支店となるオランダ商館を設置した株式会社です。

オランダ商館では、幕末にオランダ商人ハットマンから坂本龍馬が19,000両でラウフル銃1300挺を購入した記録が残っており、
江戸時代を通じて良好な関係を築いていた貿易商社でもあります。


のぼりで売上アップ 

インクジェットプリントで作る

売れる店舗づくり

店舗内で使う

のぼりの効果的な使い方とは

サイトマップページへ

のぼりの染色方法について

インクジェットの利点

メリット

のぼりを置くことによる効果

特徴をアピール

一押しメニュー

ウェブショップからの購入を考える