売れる店舗づくり


のぼり旗は設置していますか?
店舗にスタイルや扱う商品によって、のぼり旗は使える使えないがあると思います。

高級フレンチや、インポートを扱うような洋品店ではのぼり旗はお店のイメージに
そぐわないかもしれません。

しかし、グリルのような気軽に入れるレストランや生活雑貨を扱うようなお店なら、
ぜひ使いたいものです。

のぼり旗には大衆的な、庶民的な。
といったイメージがあるかもしれません。

しかし、デザインやサイズのバリエーションが増えた今では、 デザインを厳選する
ことでぴったりくるのぼり旗があるのではないでしょうか。

目立つ

のぼり旗の一番の特徴はなんといっても、遠くからも目を引くという点です。

壁面と並列についている看板と違い、のぼり旗は建物に垂直に飛び出していますから、
道行く人々へのアピール効果が高いのです。

店舗の存在だけでなく、遠くからでも扱う商品までも告知できるという魅力があります。

告知

お店の前を通って、ここ気になるけど、何屋さん?そんな時って結構あります。
分からないと怖くて入れない、そんなもんだと思います。

高級感と入りにくさは別物だと思います。
店舗イメージが下がるという意見もよく聞きますが、であればイメージを崩さず、
入りやすい雰囲気づくりを頑張りたいものです。

日本洋食の元祖!様々な「洋食」を生み出した煉瓦亭

煉瓦亭は東京の銀座にある洋食店で、複数の日本の洋食文化の元祖とされるメニューが今でもあります。
豚カツやオムライスそしてカキフライは1895年(明治28年)創業いらい人気です。一つのさらにライスとおかずをのせるスタイルは
煉瓦亭から発祥しています。

1895年(明治28年)創業した際はパンと料理を提供しましたが、お米を食べたいとの要望で始めたのです。
日本人の味覚にあった味付けに変えているのがこのお店の特徴になります。豚カツは最初は濃厚なデミグラスから要望で
さっぱりとしたウスターソースへ途中で変えているのです。

現在も人気があるオムライスは、まかないで出していた料理になります。
早く食事をしたい方からのリクエストで提供しだしたのです。ハヤシライスをデミグラスソースで作ったのがこのお店だとされています。

このように人気のある洋食メニューがいくつもあるこのお店は、100年以上たった現代でも多くのファンがいる老舗です。
子供から年配の方まで幅広い方が好む味付けをするお店になります。海外の作り方から日本人向けにアレンジしたり、
ライスをパンの代わりに提供しているのが特徴です。銀座に残る明治から愛されている飲食店になります。


のぼりで売上アップ 

インクジェットプリントで作る

売れる店舗づくり

店舗内で使う

のぼりの効果的な使い方とは

サイトマップページへ

のぼりの染色方法について

インクジェットの利点

メリット

のぼりを置くことによる効果

特徴をアピール

一押しメニュー

ウェブショップからの購入を考える